ショウキT-1タンポポ茶PLUS

卵のグレードの見分け方(初期胚)

2015年9月23日 水曜日

ドラッグストアーもりぎん 奥田店の大橋です。
 
それでは本日は卵のグレードの見分け方についてご紹介させて頂きますね。
 
 
 
受精して分割を始めた受精卵は受精後2、3日目の状態を初期分割胚といい、
 
細胞の数やフラグメンテーション(細胞が壊れてしまっているもの)の有無で1から5のグレードに分かれます。
 
グレード1が一番良いグレードで、数字が大きくなるにつれてグレードは下がっていきます。
 
 
逆に胚盤胞の場合はグレードの数が大きいほどいい卵でグレード1の胚盤胞よりグレード5の胚盤胞の方が質が良い受精卵と考えられます。
 
※病院によって多少異なることもあります。
 
初期胚と胚盤胞ではグレードの分け方が大きく違います。
 
 
 
グレードの基準初期胚の場合
 
きれいに分割しているかが基準。
 
細胞分裂した際の細胞が、きれいな丸であればいいのですが、分割した細胞のいくつかが、
 
細胞が壊れてしまっているもの(フラグメンテーション)が、あったりします。
 
そのフラグメンテーションの割合が多ければ多いほど質が悪い卵で、グレードの数値が大きくなっていきます。
 
 
グレード1:分割が均等で、フラグメンテーションがない
 
グレード2:分割が均等で、フラグメンテーションがわずかしかない(10%以下)
 
グレード3:分割が不均一で、フラグメンテーションがわずかしかない(10%以下)
 
グレード4:分割が不均一で、フラグメンテーションが多い(10~50%)
 
グレード5:分割が不均一で、フラグメンテーションが非常に多い(50%以上)
 
 
基本的にはグレード3までが妊娠する可能性がある、と言われています。
 
初期胚のグレードの数の後に、さらに詳細の評価順にアルファベットも付きます。
 
 
詳しくは店頭でお気軽にご質問くださいね~。
 
 
ショウキT-1PLUS

男性不妊について(Vol・2)

2015年9月11日 金曜日

前回はカンタンに書きましたが、今回はもう少し詳しく。
 
 
精子も年齢を重ねると、
 
「卵子の老化」と同様に受精能力が低下する可能性があるという研究を、
 
独協医大越谷病院(埼玉県)泌尿器科の岡田弘教授らのグループがまとめられています。
 
日本産科婦人科学会でも発表されています。
 
 
35歳未満の男性の精子では約7割に活性化能力があったが、
 
35~39歳では62%、40~44歳では52%、
 
45~49歳では39%と、35歳を境に低下しました。
 
つまり35歳を超えると既報の「卵子が老化する」だけではなく、
 
「精子も老化する」事が医学的に証明されました。
 
 
 
★精液検査について
 
精液量 : 1.5ml以上
pH: 7.2以上
精子濃度: 1ml中に1,500万個以上
総精子数: 3,900万個以上
精子運動率: 32%以上
精子正常形態率: 4%以上
精子生存率: 58%以上
白血球数: 1ml中に100万個以下
(WHO2010基準)
 
 
 
 
 
男性不妊症の検査費用 参考(英ウィメンズクリニック)
 
 
(A)男性は受診しなくても受けることが可能な検査(最初に皆様にお勧めするものです)
 
※精液検査(1,150円):検査専用容器(無料)をお渡しいたしされています
 
※フーナー検査(270円)(性交後試験)
 
 
(B)陰嚢部の視診・触診(初診料に含まれます)
 
精巣、精巣上体、精管を診察します。精巣の大きさ、かたさ、精索静脈瘤の有無が大切です。
 
 
(C)ホルモン検査(血液検査)(2,570円程度)
 
下垂体から分泌されるFSH・LH・プロラクチン精巣から分泌されるテストステロンなどの検査
 
 
(D)陰嚢部超音波検査(1,050円程度)
 
陰嚢部にゼリーをつけて、超音波のプローベにて精巣容積測定、精巣の性状
 
精索静脈瘤の有無などを診察します。
 
 
(E)染色体検査(血液検査)(23,100円程度)
 
高度の乏精子症や無精子症の場合にお勧めしています。クラインフェルター症候群、
ロバートソン転座染色体異常の有無がわかります。
 
 
早期発、早期治療がやはりよいですね~。
詳しく知りたい方は、店頭にてご相談ください。
 
2012-10-28 12.40.21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もしかして・・・精子も老化するのかな?

2015年8月16日 日曜日

<もしかして精子も老化するのかな?>

 

NHKがTV放送した

「卵子の老化」、が話題になってからというもの、、

卵子は老化するが精子はどうなのか?と多くの方が議論されています。

 

あのチャップリンは73歳で子宝に恵まれましたそうです。

そして徳川家康60歳で子宝に恵まれました。

 

実は、2010年にヨーロッパの生殖専門雑誌に

「パートナーに妊娠して頂くまでの期間」 が研究論文発表されていました。

 

<男性の年齢と、妊娠までかかる平均月日>

~29歳  6~7か月

30~34歳  10か月

35~39歳  10か月

40~44歳  10か月

45~49歳  19か月

50~     32か月

 

 この研究発表を見ると、

やはり精子も老化するようですね。

 

ただし、あくまでもデーターです。

食事や睡眠、ストレスとの上手な付き合い方、

ちょっとしたポイントで、大きく差がでてきます。

 

詳しくは店頭にてお話しいたしますね。

ショウキT-1PLUS

~不妊治療の助成金について~

2014年9月9日 火曜日

朝夕は肌寒い季節になりましたね~。

 

関東でのデング熱も流行りびっくりですね。

 

外出時の蚊の対策はしっかりしてください。

 

 

 

 

~~~不妊治療のは助成金について~~~

 

 

 

不妊症に対しての治療法は、大きく分けると3種類

 

 

人工授精・体外受精・顕微授精とあります。

 

 

どれも精子と卵子が出会う為に、卵子と精子の距離を縮めて上げる事ができます。

 

 

ただ、経済的に不安がありますよね(+_+)

 

 

そこで、絶対知っててほしい事。

 

 

不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精については、保険適用がされません(+_+)


 

そこで、これらの治療を受ける夫婦の経済的負担を軽減するため、

 

 

特定不妊治療に要する費用の一部を助成しています。

 

 

市町村単位でそれぞれ内容が異なるケースがございます。

 

(例えば、市によっては人工授精でも助成がある事もあります。)

 

 

平成25年度の特定不妊治療の申請受付は終了しています。

 

平成26年度の特定不妊治療の申請期限については、平成27年3月31日(火曜日)までです。

 

(※期限を過ぎての申請はできませんので、ご注意ください。)

 

 

そして更に平成28年度からは、細かく内容が変わります。

 

(※現在進行形で特定不妊治療を受けている方は、途中から内容が変わります。)

 

 

 

<現在の基本形>

 

・体外受精・顕微授精の特定不妊治療に対して

 

・ご夫婦で730万までの収入の家庭

 

・5年間まで年2回(初年度3回)

 

・年齢無制限(新制度では、奥様の年齢によって変わります)

 

 

くわしく調べる必要ありますよね~。(^^)

 

 

さらに、詳しく知りたい方は、ご来店お待ちしています~

 

ショウキT-1PLUS