男性不妊

1 2 3 4 5 6 8

精子の異数性検査(SAT)について

2018年9月12日 水曜日

近年、男性由来の不妊が増えています。
 
特に妊娠初期の染色体異常による流産は男性の精子の、
 
染色体に多くの問題があるとわかってきました。
 
 
 
そこで近年は受精卵に対して PGS、NGS(着床前診断検査)を、
 
行うことが増えていますがその前に男性側の精子を詳しく調べる検査
 
  『精子の異数性検査(SAT)』が増えています。
 
 
securedownload (1)
 
 
 
『精子の異数性検査(SAT)』
 
 
 
概要
 
 
精子染色体の異常率が高いカップルでは、
 
最大60%が流産へと繋がります。

自然流産との関連が最も高い、13番、18番、21番、
 
XおよびY染色体の異数性について、蛍光in situ
 
ハイブリダイゼーション(FISH法)にて解析します。

精子の染色体から、男性不妊の原因となる遺伝的病因について調べます。
 
 
 
 
 
利点

 

・妊娠率の向上


・流産リスクの低減

・男性側に不妊要因があるかどうか調べることができます。

・不妊症カップルに対し、体外受精を行う前に遺伝カウンセリングを
 
 ご提供することができます。
 
 
 
SATの結果が異常と認められた場合、そのカップルに対して
 
PGS、NGS(着床前診断検査)を行うことをお勧め致します
 
これにより、染色体に異常のない胚を移植し、妊娠率の向上
 
および流産のリスクを低減することが可能になります。 
 
 
 
 
 
検査対象者

 

・男性因子:精子濃度が低い場合、精子の染色体異常発生率が高くなる為


・原因不明の反復流産

・反復着床不全

・前回の妊娠時に、胎児に染色体異常が見つかった方
 
 
 
 
 
結果

 

『精子の異数性検査(SAT)』の判定で精子染色体の異常は

 
3つのステージにおいて影響を及ぼします。
 
 
 
 
受精卵

 

・性染色体異常を持つ精子は、異数性胚へと繋がります。


・二倍体精子の場合、卵子と受精すると三倍体胚となります。
 
 
 
 
妊娠

 

・SATの検査結果に異常が認められた場合、

 
  ICSI(卵細胞質内精子注入法)後の妊娠率は低下し、
 
 流産率が上昇します。
 
 
 
 
子供への遺伝

 

・精子の染色体異常がある場合、その子供が遺伝子疾患になるリスクが、

 

増加します(ダウン症候群、クラインフェルター症候群、ターナー症候群)。

 

糖質の摂取量と男性の精子濃度との関連について

2018年8月20日 月曜日

securedownload

 

 

糖質の摂取量が多いほど男性の精子濃度が低くなる。

 
ハーバード公衆衛生大学院の研究者らは、ロチェスター大学で、
 
健康な男性学生(18~22歳)を対象に、2009~2010年にかけて、
 
環境中の汚染物質の精子の質への影響を評価するために実施しています。
 
調査で、食物摂取頻度調査で糖質の摂取量と精液の質との関係を調べました。
 
 
糖質の摂取量を4段階に分けたところ、糖質の摂取量が多くなるほど、
 
精子濃度が低くなることがわかりました(49、47、37、35)。
 
 
このことから糖質の摂取量と精液中の精子濃度が関連していると、
 
結論づけています。
 
また

 
『アジア人男性7282人における食事パターンと精液の質の関係性』
 
全7282名のアジア人男性に食事パターンに関するアンケートを実施し、
 
それぞれの精子検査を行った。 「欧米式の食事」が多いほど、精子濃度
 
および精子正常形態率の低下が生じた。
 
 
同様に、
 
「甘いお菓子や甘味飲料(ジュース等)」の摂取量が多いほど、
 
より低い精子濃度となる関連性があった。
 
「高炭水化物食」の摂取量の増加は、異常な精子運動率および
 
前進精子運動率、の増加と関連していた。
 
 
 
同様に、「高ナトリウム食(インスタント食品等)」の摂取量の増加は、
 
 
異常な精子正常形態率の上昇と相関していた。
 
 
 
The Association between Dietary Patterns and Semen Quality in a General Asian Population of 7282 Males

 

アルコール摂取と体外受精の治療成績 への影響

2018年3月15日 木曜日

体外受精の治療成績には比較的少ないアルコール摂取量でも影響を 及ぼすとの報告がなされています。


体外受精に臨む2, 545組のカップルを対象にアルコール摂取量と4, 729周期の治療成績との関係を調べたアメリカの研究です。
 
週に4ドリンク以上のアルコールを摂取する女性
 
それ未満の女性に比べて、出産率が16%低く
 
女性も、男性も週に4ドリンクのアルコールを摂取するカップル
 
どちらもそれ未満しか飲まないカップルに比べて
 
出産に至る確率は21%、受精率が48%低かった。

ここで、注意しなければならないのはアメリカの基準飲酒量です。

 
アメリカでは1ドリンクとか、2ドリンクとしています。
 
これは日本の1単位、2単位とは違って
 
日本の1単位がアルコール20グラムであるのに対して
 
アメリカの1ドリンクはアルコール14グラムとされています。
 
この論文で体外受精の治療成績に影響が認められた4ドリンクとい うのはアルコール54グラムで、日本では2.7単位ということに なります。
 
体外受精の治療成績の場合は、比較的、 少量でも影響を及ぼすという印象を受けます。

これは体外受精を受けるようなカップルでは、年齢をはじめ、 アルコールの影響が大きくなるような背景があるのかもしれません 。

 
これまでの研究報告からアルコールの摂取量が多くなるほど妊娠し づらくなることは明らかです。
 
ただし、 一般に適量とされている量では相反する結果が報告されており妊娠 を希望される女性のための許容される(妊娠に影響しない範囲の) 飲酒量を設定することは困難です。

一方、体外受精の治療成績には少量でも影響を及ぼすようです。

そんな中でも、 アメリカ生殖医学会やイギリス政府機関では妊娠を望む女性のため の飲酒量の目安やガイドラインを設けています。

まず、アメリカ生殖医学会では1日2ドリンク以下としています。 アメリカの場合、 1ドリンクは14グラムとされていますので1日28グラム以下と なり、厚労省の一般向けの目安量を上回ります。

 
やはり、 アルコールの処理能力の人種間の差が大きいのかもしれません。 これはあまり参考にはなりません。

一方、イギリスは厳格です。

 
イギリスの政府機関であるNICE((National Institute for Clinical Excellence)のガイドラインでは「週に1~2回、1~ 2ユニットを超えないこと」となっています。

イギリスの基準飲酒量はユニットで1ユニットは8グラムです。で すから、お酒は週に1回、多くても2回程度にしましょう。

 
そして、その場合、アルコール8グラムを目安にし、 16グラムを超えないようにしましょう」ということになります。

アルコール8~16グラムを、 それぞれのお酒の種類で換算してみます。

 

・ビール(アルコール度数5度)   200~400ml
・ワイン(アルコール度数14度)  約72~144ml
・日本酒(アルコール度数15度)  約72~144ml

 

海外の目安をそのまま取り入れるのはナンセンスですが、 より厳格なイギリスのガイドラインを参考にするのが無難だと思い ます。

 

 

「週に1日か、2日、少量を」

 
ということになります。
 
あくまで、厳格な目安です。
 
ただ、不妊治療を受けていて、 気になるけれども飲みたいという方にとっては安心して楽しめるラ インではあると思います。

 

妊娠を希望するカップルにとってのアルコール摂取

2018年2月1日 木曜日

妊娠を望むカップル、不妊治療を受けているカップルにとって、アルコール摂取については、少々、気になるところです。

 
「飲み過ぎ」は健康に損なうことは言うまでもありません。
 
 
また、妊娠中や授乳中はお酒は控えるべきことはよく知られていると思いますが、妊娠前については、飲酒の影響はどのように考えればいいのかについてお話し致します。

まず、厚生労働省が飲酒についてのガイドラインを定めているのでそれを確認しておきましょう。

 
 
厚生労働省による飲酒のガイドライン

 
厚労省は「通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、節度ある適度な飲酒として、1日平均純アルコールで20グラム程度である」と定めています。
 
 
1日の飲酒量の目安の「アルコール20グラム」は日本の基準飲酒量の1単位に相当します。
 
 
ただ、これだけではどれくらい飲めるのかよくわかりません。
 
 
お酒の種類によって、アルコール度数が異なりますので、アルコール20グラムというのはどれくらいの量なのか、それぞれのお酒の種類ごとの1単位の量は以下の通りです。

・ビール(アルコール度数5度)  中ビン1本(500ml)

 
・缶チューハイ(アルコール度数5度)1缶(約500ml)
 
・ワイン(アルコール度数14度)  グラス1杯(約180ml)
 
・日本酒(アルコール度数15度)  1合(180ml)

 
1日に飲む量はこれくらいまでにしておきましょうということです。
 
さらに、厚労省は週に2日は休肝日にするように提案していますので「週に5単位」ということになります。

ただし、これは、あくまで、一般向けのガイドラインで、残念ながら妊娠希望のカップルのためのガイドラインは決められていません。

これまでアルコール摂取と妊娠する力の関係について調べた研究が多数実施されていますので、それらをご紹介いたします。

 
 
 
 
『アルコール摂取と妊娠する力』
 
 

これまでアルコール摂取量と妊娠する力の関係を調べた研究報告では、アルコール摂取量が多くなると、やはり、妊娠しづらくなるとしています。
 
ただし、週に5単位くらいの飲酒量であれば、妊娠しづらくなるとするものもあれば、影響しないとするものもあり、反対に妊娠しやすくなるという報告もあったりして、「いろいろ」です。

 
 
 
代表的な論文を紹介します。

スウェーデンの研究でストックホルム在住の7,393人を対象にアルコール摂取と不妊症のリスクとの関係を18年間に渡って調べたところ、

 
週に7単位以上飲酒する女性は
 
週に2~7単位未満飲酒する女性に比べて不妊症リスクが58%高く
 
週に2.5単位未満しか飲酒しない女性は
 
週に2~7単位未満飲酒する女性に比べて不妊症リスクが35%低かった
 
といいます。

また、7,760人のデンマーク女性を対象に平均4.9年間追跡調査した研究では

 
女性の年齢が30歳未満であれば、アルコールの摂取量は妊娠に影響を及ぼさなかったのに
 
30歳を超えると、週に7単位以上飲酒する女性は、週に1単位未満の女性に比べると、不妊症のリスクが2.26倍だったと報告しています。

アルコールの摂取量が多くなるほど妊娠しづらくなり、その影響は年齢が高いほど顕著になるというわけです。

その一方で、飲酒したほうが妊娠しやすくなるとの報告もあります。

29,844人の妊婦にアルコール摂取と妊娠するまにかかった期間を調べたデンマークの調査では

 
週に14単位以上の飲酒は妊娠しづらくなる
 
週に7単位以下であれば、飲酒すは妊娠するまでの期間に影響を及ぼさず、全く飲まない女性に比べて妊娠しやすくなったというのです。

 
 
また、アルコールの種類別に妊娠するまでに要した期間を調べてみると
 
ワインを飲む女性はワインを飲まない女性やビールやスピリットを飲む女性に比べて摂取量に関わらず、妊娠までの期間が短いとの結果が出ています。

 

1 2 3 4 5 6 8