食養生

1 2 3 4 5 6 23

夫婦生活,朝と夜どちらが妊娠しやすいか?

2022年1月15日 土曜日

夫婦生活は朝と夜ならどちらの方が妊娠しやすいですか?」と患者様に尋ねられる事があります。

 

エビデンスを調べてみたところ、精液所見が朝がよいという論文があることがわかりました。

 

 

何を調べた論文かというと、

 

体内時計のサーカディアンリズム(概日リズム)と

 

サーカニアルリズム(概年リズム)が精液所見に影響を与えるかどうかを調べた報告です。

 

 

 

≪論文紹介≫

 

『精液所見は午前・午後、季節で変わるのか?』

 

Diurnal and seasonal changes in semen quality of men in subfertile partnerships』

https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/07420528.2018.1483942

 

 

1994年-2015年に、スイスのチューリッヒ大学病院で採取された7,068人の男性(平均年齢は37±7歳:18~69歳)の12,245個の精液サンプル(除外:(1)化学療法・放射線療法前後、(2)精管切除後、(3)TESE/MESA、(4)無精子症)を、精子濃度、総精子数、進行性運動率、正常形態を概日変化と季節変化を後方視的に検討しました。

 

 

精液採取は病院内もしくは自宅採取し一時間以内に持参してもらっています。

 

 

統計的評価にはMann-Whitney U検定と重回帰分析を用いています。

 

 

結果:
早朝7時30分以前に採取した精液サンプルでは、精子濃度、総精子数、正常形態が最も高く、いずれも統計的に有意でした。

 

進行運動率は時間による変化はありませんでした。

 

季節変動については、精子濃度と総精子数は春に有意な増加が見られ、夏には有意な減少が認めました。

 

正常形態率が最も高かったのは夏でした。進行運動率については、有意な季節変動は認めませんでした。

 

 

結論:
精液所見は、体内時計のサーカディアンリズム(概日リズム)とサーカニアルリズム(概年リズム)に影響を受けます。

『子宮内膜症、卵巣予備能低下:チョコレート嚢腫を持つ女性ではAMH低下速度が速い』

2021年10月26日 火曜日

近年、チョコレート嚢腫摘出術後にAMHが低下することや、

 

調節卵巣刺激に対する卵巣反応性、採卵数が減少することが問題となっています。

 

 

 

妊娠を目指す女性に対して安易に手術すべきではないという考えが広まっています。

 

 

では手術せずに経過を見た場合、卵巣予備能はどう変化するのか?

 

前向きに観察した調査報告の論文がありましたので記載します。

 

 

『子宮内膜症、卵巣予備能低下:チョコレート嚢腫を持つ女性ではAMH低下速度が速い』

『Endometrioma-related reduction in ovarian reserve (ERROR): a prospective longitudinal study』
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29935810/

 

 

内膜症専門外来でチョコレート嚢腫と診断されたが、手術やホルモン療法は不要と判断された40人の女性と、年齢をマッチさせた健康な40人の女性(対照群)に対して血清AMHを測定、6か月後に再検査した。

 

 

性的にアクティヴな女性22人に対しては超音波でAFC(胞状卵胞数)を数えた。

 

 

対照群40人のAMH値は、初回2.26–5.57ng/mL に分布(中央値4.42)していた。

 

 

6か月後再検査では中央値で7.4% (−11.98%-29.33%)低下していた。

 

 

一方、チョコレート嚢腫群40人のAMH値は、初回 0.70–4.96 ng/mLに分布(中央値2.83)していた。

 

 

6か月後再検査では中央値で26.4% (11.36%–55.41%)低下していた。

 

 

22人のAFCは初回8–12個(中央値10個)に分布、6か月後再検査では6.3–10(中央値8個)に減少していた。

 

 

チョコレート嚢腫を持つ女性子宮内膜症女性では対照群に比べて、診断時のAMH値は低く、その後の低下スピードも速いと考えられる。

 

 

不妊原因としてチョコレート嚢腫が考えられた場合は、早く治療を進めるべきである。

 

内膜症患者さんの安心材料としては体外受精による出産率は、チョコレート嚢腫の有無で差がないことがすでに知られています。

『女性のカフェイン、アルコール、タバコが体外受精の妊娠成績に与える影響について』

2021年9月20日 月曜日

米国生殖医学会(ASRM) にて

 

『女性のカフェイン、アルコール、タバコが体外受精の妊娠成績に与える影響について』

 

Fertil Steril 2018; 110: 587(米国)doi:10.1016/j.fertnstert.2018.05.026

見解が発表されました。発表された内容を要約致します。

 

 

 

 

 

『女性のカフェイン、アルコール、タバコが体外受精の妊娠成績に与える影響について』

 

 

 

カフェインが体外受精に与える影響について調査した疫学(統計)研究5論文のうち1論文だけが、体外受精の出産率低下を示しました。

 

また、アルコールが体外受精に与える影響について調査した疫学(統計)研究6論文のうち3論文は、現在のアルコール摂取が受精率、胚の質、着床率に悪影響であるとしていますが、1年以上前のアルコール摂取の影響はありませんでした。

 

一方、多数の疫学(統計)研究から、現在の喫煙が体外受精の妊娠成績を低下させることが明らかにされています。

 

かつての喫煙者は現在の喫煙者より良好な体外受精の妊娠成績を示しますが、禁煙と妊娠成績の関連は明らかにされていません。

妊娠を目指している方のアルコールとカフェイン摂取には制限を設けるべきであると、米国生殖医学会(ASRM)では以下の指針を提示しています。

 

 

1 妊娠前のアルコール摂取1日1単位(20g)まで、妊娠中のアルコールはゼロ

 

2 妊娠前も妊娠中も中等量のカフェイン摂取1日100~200mgまで

 

3 喫煙は妊娠前も妊娠中も絶対にダメ!

 

これまでの常識とは逆になりますが、このように意見が食い違うのは今までアルコールとカフェインの論文が少なく今回のような大掛かりな調査が今まで無かった事が最大の理由です。

 

結論として、タバコに関しては間違いなくマイナスになりますので、禁煙はもちろんですが、アルコール摂取量の減少に心がけ、カフェインはほどほどに、といった生活習慣が望まれます。

 

ちなみに

 

アルコール1単位(20g)とは

 

ビール換算で500ml(ロング缶)

ワイン換算でワイングラス2杯弱

 

カフェイン摂取1日100~200mg とは

 

インスタントコーヒー カップ2杯~3杯

玉露 1杯

紅茶 5杯~6杯

缶コーヒーブラック 1杯

 

です。

 

『サプリメントの摂り方』

2021年9月10日 金曜日

サプリメントを使う場合、他力と自力をうまく使いわけることが、とても大切だと、つくづく、思います。

 

なぜそのように思うのかと言うと

 

 

 

 

◎体内でつくることが出来ない必須栄養素の場合

 

 

 

栄養素の中には、生きていくのに絶対に必要な栄養素であるのだけれども、体内でつくることが出来ないものがあります。

 

たとえば、ビタミンやミネラルや糖鎖栄養素、必須脂肪酸と呼ばれているオメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸、そして、必須アミノ酸などです。

 

自分でつくることが出来ないわけですから、当然、食事から摂り入れなければなりません。

 

ところが、食事内容に偏りがあると、不足したり、欠乏してしまうということが起こり得ます。

 

もしも、それらの栄養素が不足したら、健康になんらかのマイナスの影響を及ぼしてしまいます。

 

そのような場合、食事の偏りをあらため、不足を解消すべきです(自力)が、偏りをあらためたとしても、不足を解消するには、そこそこ、場合によっては何ヶ月もの時間がかかります。

 

その間、つなぎ的な役割をサプリメントが担うことになります(他力)。

 

一方、習慣化してしまった食事の偏りをあらためる(自力)のは、簡単なことではないので、食習慣はそのままで、サプリメントを摂り(他力)続けてもよいかなという考える方もあるかもしれません。

 

ところが、これはサプリメント(他力)の間違った使い方と言わざるを得ません。

 

なせなら、サプリメントで補充できる栄養素の不足は解消できても、食事の偏りによるバランスの悪さは解消することが出来ないからです。

 

また、食事の偏りで不足してしまう栄養素を全てサプリメント(他力)で補充できるわけではありません。

 

このように、サプリメント(他力)は食事(自力)で必要な栄養素をとれるようになるまでの「つなぎ」であることを知っておく必要があります。

 

ただし、妊娠前、妊娠中の女性にとって例外が1つあります。

 

それは葉酸です。

 

葉酸だけは、偏りのない食事をしていても、新しい命(胚や胎児)に必要とされる量をまかないきれない遺伝的特徴のある女性が一定割合いるからです。

 

決して病気でも、異常でもないレベルの遺伝的特徴です。

 

そのため、厚労省は妊娠前のすべての女性に葉酸をサプリメントで補充することを呼びかけているわけです。

 

 

 

 

 

 

◎体内でつくられている栄養素の場合

 

 

 

 

生きていくのに必要な栄養素の多くは体内でつくられています。

 

 

たとえば、ミトコンドリアでエネルギー産生に関わり、強力な抗酸化作用を有するコエンザイムQ10やL-カルニチン、αリポ酸などのビタミン様物質、また、ビタミンでありながら、ビタミンDも体内でつくられています。

 

これら以外にも多く存在しますが、これらは、食事からも微量を摂取していますが、必要量のほとんどは体内でつくられています。

 

これらの栄養素の不足は老化を早めたり、いろいろな病気にかかりやすくなってしまいます。

 

そのため、サプリメント(他力)をうまく使えば、それらのリスクを低くすることができるかもしれません。

 

その場合でも正しい使い方を知っておくべきです。

 

たとえば、ビタミンDは紫外線にあたることでつくられます。

 

そのため、極力、アウトドアで過ごし、太陽光にしっかりとさらすべきなのですが、紫外線を浴びることのデメリットもありますし、なにより女性にとっては現実的ではありません。

 

その上、ビタミンDが含まれている食材は限られています。

 

このようにビタミンDは体内でつくられているとは言え、特殊なつくられ方なため、特に現代社会ではサプリメント(他力)を継続的に利用することが有利になると言えます。

 

一方、L-カルニチンのようなビタミン様物質のつくられ方はどうでしょうか。

 

カルニチンは主に肝臓や腎臓でアミノ酸のリジンやメチオニンからつくられていますが、その過程でビタミンCや鉄、ビタミンB6、ナイアシンが関わっています。

 

そのため、基材であるタンパク質はもちろんのこと、ビタミンCや鉄、ビタミンB6、ナイアシンなどのビタミンやミネラルが不足すれば、当然、カルニチンをつくる効率が悪くなってしまいます(自力)。

 

カルニチンは脂肪をミトコンドリアに運びこむ役割を担っていますので、カルニチンの量が減るとエネルギー産生の効率を悪くし、不完全燃焼が起こり、酸化ストレスを招き、細胞の機能低下、そして、年齢以上に老化が進んでしまうことになります。

 

であれば、L-カルニチンをサプリメントで補充(他力)すれば、L-カルニチンの不足そのものは解消されますが、これも部分的解決と言わざるを得ません。

 

もしも、年齢以上に老化が進んでいる原因が、食事の偏りによるタンパク質やビタミン、ミネラルのバランス悪化でカルニチンの産生効率が下がっているのであれば、カルニチンを補充するだけでは不十分なのは誰でもわかると思います。

 

アミノ酸やビタミン、ミネラルは、カルニチンをつくっているだけではありません。

 

カルニチンをつくるのはそれらの働きのほんの一部で、他の働きにも支障が出ているはずです。

 

そのため、カルニチンの補充は問題解決のスタートにしか過ぎず、やはり、食事の偏りをあらためることが必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

◎体内でつくることが出来ない体内異物の場合

 

 

 

 

栄養素の中には生きていく上で絶対に必要なものではないけれどもヒトの体内で有用な働き(他力)をするものも少なくありません。

 

機能性成分と呼ばれることもありますが、医薬品に近い食品と言えるかもしれません。

 

たとえば、ピネシアコムオイルなどのポリフェノールがあります。

 

このような栄養素をサプリメントで補充する場合は、誰にでも必要で有用であるわけではないので、必要性や使い方を知ったうえで選択することが極めて大切です。

 

そして、たとえ、有用な働きが期待できる成分(他力)であっても、それによって働くのは身体に備わった機能(自力)です。

 

そのため、備わった機能が正常に働く(自力)には、必須栄養素の過不足がないことが条件になります。

 

このような場合でも、食の偏りをあらためておくことが、サプリメントで補充した成分が役割をはたす上で必須であることがおわかりいただけたかと思います。

 

 

1 2 3 4 5 6 23