男性不妊

1 2 3 4 5 6 24

『体外受精児、14人に1人 2019年は過去最多』

2021年9月30日 木曜日

今回はヤフーニュースから2019年度の体外受精の実績が出ておりましたので下記に転記します。

 

 

 

『体外受精児、14人に1人 2019年は過去最多6万598人が誕生』

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/ee29543c86ee32c84ae5042587cb437045c8db56

 

 

 

 

2019年に体外受精で生まれた子どもは過去最多の6万598人だったことが、日本産科婦人科学会のまとめでわかった。

 

18年より3619人増加。厚生労働省の統計では19年の総出生数は86万5239人で、14・3人に1人が体外受精で生まれたことになる。

 

体外受精で生まれた子どもは国内では1983年に初めて報告された。

 

2008年は2万1704人で50・3人に1人だったが、18年には5万6979人で16・1人に1人になっていた。

 

体外受精で生まれた子どもは19年までの合計で71万931人。

 

体外受精は、不妊治療のひとつで、精子と卵子を体外で受精させて子宮に戻す。

 

受精卵を一度凍結し、着床しやすい時期を選んで子宮に戻す方法が主流になっている。

 

19年の体外受精の治療件数は、45万8101件(前年比3208件増)で過去最多だった。

 

年齢別では、40歳が3万8221件で最も多く、39歳、41歳と続いた。

 

 

 

 

体外受精は1回あたり平均50万円と、患者の負担が課題だ。

 

 

体外受精や顕微授精などを対象に、公費から上限30万円の助成金を出す制度があるが、政府は2022年度から体外受精などの不妊治療に対し、公的医療保険の適用をめざしている。

『女性のカフェイン、アルコール、タバコが体外受精の妊娠成績に与える影響について』

2021年9月20日 月曜日

米国生殖医学会(ASRM) にて

 

『女性のカフェイン、アルコール、タバコが体外受精の妊娠成績に与える影響について』

 

Fertil Steril 2018; 110: 587(米国)doi:10.1016/j.fertnstert.2018.05.026

見解が発表されました。発表された内容を要約致します。

 

 

 

 

 

『女性のカフェイン、アルコール、タバコが体外受精の妊娠成績に与える影響について』

 

 

 

カフェインが体外受精に与える影響について調査した疫学(統計)研究5論文のうち1論文だけが、体外受精の出産率低下を示しました。

 

また、アルコールが体外受精に与える影響について調査した疫学(統計)研究6論文のうち3論文は、現在のアルコール摂取が受精率、胚の質、着床率に悪影響であるとしていますが、1年以上前のアルコール摂取の影響はありませんでした。

 

一方、多数の疫学(統計)研究から、現在の喫煙が体外受精の妊娠成績を低下させることが明らかにされています。

 

かつての喫煙者は現在の喫煙者より良好な体外受精の妊娠成績を示しますが、禁煙と妊娠成績の関連は明らかにされていません。

妊娠を目指している方のアルコールとカフェイン摂取には制限を設けるべきであると、米国生殖医学会(ASRM)では以下の指針を提示しています。

 

 

1 妊娠前のアルコール摂取1日1単位(20g)まで、妊娠中のアルコールはゼロ

 

2 妊娠前も妊娠中も中等量のカフェイン摂取1日100~200mgまで

 

3 喫煙は妊娠前も妊娠中も絶対にダメ!

 

これまでの常識とは逆になりますが、このように意見が食い違うのは今までアルコールとカフェインの論文が少なく今回のような大掛かりな調査が今まで無かった事が最大の理由です。

 

結論として、タバコに関しては間違いなくマイナスになりますので、禁煙はもちろんですが、アルコール摂取量の減少に心がけ、カフェインはほどほどに、といった生活習慣が望まれます。

 

ちなみに

 

アルコール1単位(20g)とは

 

ビール換算で500ml(ロング缶)

ワイン換算でワイングラス2杯弱

 

カフェイン摂取1日100~200mg とは

 

インスタントコーヒー カップ2杯~3杯

玉露 1杯

紅茶 5杯~6杯

缶コーヒーブラック 1杯

 

です。

 

『サプリメントの摂り方』

2021年9月10日 金曜日

サプリメントを使う場合、他力と自力をうまく使いわけることが、とても大切だと、つくづく、思います。

 

なぜそのように思うのかと言うと

 

 

 

 

◎体内でつくることが出来ない必須栄養素の場合

 

 

 

栄養素の中には、生きていくのに絶対に必要な栄養素であるのだけれども、体内でつくることが出来ないものがあります。

 

たとえば、ビタミンやミネラルや糖鎖栄養素、必須脂肪酸と呼ばれているオメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸、そして、必須アミノ酸などです。

 

自分でつくることが出来ないわけですから、当然、食事から摂り入れなければなりません。

 

ところが、食事内容に偏りがあると、不足したり、欠乏してしまうということが起こり得ます。

 

もしも、それらの栄養素が不足したら、健康になんらかのマイナスの影響を及ぼしてしまいます。

 

そのような場合、食事の偏りをあらため、不足を解消すべきです(自力)が、偏りをあらためたとしても、不足を解消するには、そこそこ、場合によっては何ヶ月もの時間がかかります。

 

その間、つなぎ的な役割をサプリメントが担うことになります(他力)。

 

一方、習慣化してしまった食事の偏りをあらためる(自力)のは、簡単なことではないので、食習慣はそのままで、サプリメントを摂り(他力)続けてもよいかなという考える方もあるかもしれません。

 

ところが、これはサプリメント(他力)の間違った使い方と言わざるを得ません。

 

なせなら、サプリメントで補充できる栄養素の不足は解消できても、食事の偏りによるバランスの悪さは解消することが出来ないからです。

 

また、食事の偏りで不足してしまう栄養素を全てサプリメント(他力)で補充できるわけではありません。

 

このように、サプリメント(他力)は食事(自力)で必要な栄養素をとれるようになるまでの「つなぎ」であることを知っておく必要があります。

 

ただし、妊娠前、妊娠中の女性にとって例外が1つあります。

 

それは葉酸です。

 

葉酸だけは、偏りのない食事をしていても、新しい命(胚や胎児)に必要とされる量をまかないきれない遺伝的特徴のある女性が一定割合いるからです。

 

決して病気でも、異常でもないレベルの遺伝的特徴です。

 

そのため、厚労省は妊娠前のすべての女性に葉酸をサプリメントで補充することを呼びかけているわけです。

 

 

 

 

 

 

◎体内でつくられている栄養素の場合

 

 

 

 

生きていくのに必要な栄養素の多くは体内でつくられています。

 

 

たとえば、ミトコンドリアでエネルギー産生に関わり、強力な抗酸化作用を有するコエンザイムQ10やL-カルニチン、αリポ酸などのビタミン様物質、また、ビタミンでありながら、ビタミンDも体内でつくられています。

 

これら以外にも多く存在しますが、これらは、食事からも微量を摂取していますが、必要量のほとんどは体内でつくられています。

 

これらの栄養素の不足は老化を早めたり、いろいろな病気にかかりやすくなってしまいます。

 

そのため、サプリメント(他力)をうまく使えば、それらのリスクを低くすることができるかもしれません。

 

その場合でも正しい使い方を知っておくべきです。

 

たとえば、ビタミンDは紫外線にあたることでつくられます。

 

そのため、極力、アウトドアで過ごし、太陽光にしっかりとさらすべきなのですが、紫外線を浴びることのデメリットもありますし、なにより女性にとっては現実的ではありません。

 

その上、ビタミンDが含まれている食材は限られています。

 

このようにビタミンDは体内でつくられているとは言え、特殊なつくられ方なため、特に現代社会ではサプリメント(他力)を継続的に利用することが有利になると言えます。

 

一方、L-カルニチンのようなビタミン様物質のつくられ方はどうでしょうか。

 

カルニチンは主に肝臓や腎臓でアミノ酸のリジンやメチオニンからつくられていますが、その過程でビタミンCや鉄、ビタミンB6、ナイアシンが関わっています。

 

そのため、基材であるタンパク質はもちろんのこと、ビタミンCや鉄、ビタミンB6、ナイアシンなどのビタミンやミネラルが不足すれば、当然、カルニチンをつくる効率が悪くなってしまいます(自力)。

 

カルニチンは脂肪をミトコンドリアに運びこむ役割を担っていますので、カルニチンの量が減るとエネルギー産生の効率を悪くし、不完全燃焼が起こり、酸化ストレスを招き、細胞の機能低下、そして、年齢以上に老化が進んでしまうことになります。

 

であれば、L-カルニチンをサプリメントで補充(他力)すれば、L-カルニチンの不足そのものは解消されますが、これも部分的解決と言わざるを得ません。

 

もしも、年齢以上に老化が進んでいる原因が、食事の偏りによるタンパク質やビタミン、ミネラルのバランス悪化でカルニチンの産生効率が下がっているのであれば、カルニチンを補充するだけでは不十分なのは誰でもわかると思います。

 

アミノ酸やビタミン、ミネラルは、カルニチンをつくっているだけではありません。

 

カルニチンをつくるのはそれらの働きのほんの一部で、他の働きにも支障が出ているはずです。

 

そのため、カルニチンの補充は問題解決のスタートにしか過ぎず、やはり、食事の偏りをあらためることが必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

◎体内でつくることが出来ない体内異物の場合

 

 

 

 

栄養素の中には生きていく上で絶対に必要なものではないけれどもヒトの体内で有用な働き(他力)をするものも少なくありません。

 

機能性成分と呼ばれることもありますが、医薬品に近い食品と言えるかもしれません。

 

たとえば、ピネシアコムオイルなどのポリフェノールがあります。

 

このような栄養素をサプリメントで補充する場合は、誰にでも必要で有用であるわけではないので、必要性や使い方を知ったうえで選択することが極めて大切です。

 

そして、たとえ、有用な働きが期待できる成分(他力)であっても、それによって働くのは身体に備わった機能(自力)です。

 

そのため、備わった機能が正常に働く(自力)には、必須栄養素の過不足がないことが条件になります。

 

このような場合でも、食の偏りをあらためておくことが、サプリメントで補充した成分が役割をはたす上で必須であることがおわかりいただけたかと思います。

 

 

『不妊と糖鎖』

2021年8月30日 月曜日

『糖鎖ってなあに?』

 

 

妊娠を希望する人にとって、葉酸,マカ、亜鉛などのサプリメントがおすすめな事はよく知られていますが、糖鎖も、無視することが出来ない重要な役割を担っています。

 

 

『さて、その糖鎖って何でしょう?』

 

 

糖鎖(とうさ)とは、8種類の単糖が鎖状に連なったもので、人間を構成している60兆個(赤血球を含む)の細胞の膜組織の表面に産毛の様な状態でくっついています。

 

 

・グルコース

・ガラクトース

・マンノース

・キシロース

・フコース

・N-アセチルグルコサミン

・N-アセチルガラクトサミン

・N-アセチルノイラミン酸

 

 

 

以上の8種類の単糖が複雑な組み合わせで鎖状に連なって存在しています。

 

自然界には200種類の糖がありますが、ヒトの細胞の構成成分として明らかになっているのは、この8種類の単糖だけなのです。

 

これらは、単体では働かないため、1つの成分がタンパク質につかなくなっただけでも生物は生きる事が出来ません。

 

人間の身体は60兆個の細胞で出来ており、その細胞同士が情報を伝達・交換したり、キャッチした情報をもとに、免疫力や自然治癒力などの必要な機能に働きかけたりします。

 

60兆個の細胞膜の表面に糖鎖がびっしりと生えていますから、ほんのわずかな違いで大きな変化をもたらしたり、鎖がキャッチした情報がうまく伝わらない事で病気などの異常反応を起こすのです。

 

例えば、赤血球の糖鎖の構成がほんの僅か異なる事で血液型が決まる事がわかっています。

 

また、DNAやRNAの構成要素であり、エネルギー源でもある事がわかっています。

 

 

 

 

・情報伝達では、遺伝子、ホルモン、酵素、神経伝達物質など、細胞間において情報伝達を行う

 

・細胞の結合、成長、活性化、分裂などにかかわり、老化を左右する

 

・糖鎖は活性酸素やストレスなどの外的要因の被害を最初に受ける。また、グルタチオンなどの抗酸化物質の生産を増加・促進したり、減少を抑制して自力で活性酸素対策を行う。

 

・免疫系では異物(癌細胞・ウイルス・細菌など)を識別し、免疫システムを発動する

 

・ホルモンのブドウ糖とインシュリンをくっつけるレセプターの働き

 

・栄養面では、体内に入る食べ物を認識し、必要なものは行き先を明確にして蓄え、不必要なものは体外に排除する

 

 

 

 

 

『現代人は糖鎖が不足している!』

 

 

 

 

通常1個の細胞の表面にはン約7~10万本の糖鎖があると言われていますが、現代人は環境の変化や化学物質の過剰摂取、喫煙や薬、電磁波などの外的要因、更には様々な心身のストレスによって糖鎖の数が40%以上も減少しており、平均約4万本しかないと言われています。

 

 

本来、健康を維持するためには、外部からのストレスから身を護るための自己制御機能(自律神経系・内分泌系・免疫系)や、異物や他と自己を認識する能力、傷を治す自己再生・修復機能があり、これら全てに糖鎖が関わっていますが、その働きを担う糖鎖が減ってしまっているのです。

 

 

つまり、糖鎖が不足しているという事は、身体が正常な機能を失いかけているという事になります。

 

妊娠力を上げるために栄養面に気をつけて食事を摂っていても、細胞レベルで栄養の吸収が低くなっていたり、栄養素が十分に活用されない事になってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

『食事では摂れないの?』

 

 

 

細胞と結びついている糖鎖は、生体内ではタンパク質と結びついて存在しているため、「糖タンパク」とも呼ばれています。

 

糖鎖は8種類の単糖が組み合わさって成り立っていますが、そのうちのグルコース(ブドウ糖)とガラクトース(乳糖)は、通常の食事からの摂取が可能です。

 

グルコースは、殆どの植物やキノコ類、ガラクトースは乳製品や甜菜に多く含まれています。

 

残りの6種類の単糖は,グルコースやガラクトースを基にして、ビタミン・ミネラル・酵素を使い、かなり複雑な15の工程と時間をかけ肝臓で作られます。

 

しかし、現代人は、前述の通り、環境汚染やストレスで肝機能が低下し、糖鎖を作る力が低下しています。

 

フコース・キシロース・マンノースは食事から少し摂る事が出来ますが、N-アセチルノイラミン酸・N-アセチルグルコサミン・N-アセチルガラクトサミンは食事からほとんど摂る事が出来ません。

 

食事で糖鎖を補うためには、ビタミンB群、レバー、蛋白質、ミネラルなどをしっかり補って運動を行い、飲酒の節制やストレスを軽減させていかなければなりません。その上、現代の食事は食材の栄養価が乏しいため、栄養面に気をつけて摂っていても、自力で糖鎖を作る事は非常に難しいのです。

 

 

 

 

 

 

『不妊の原因の30~40%は糖鎖異常とも・・・』

 

 

 

不妊の原因は様々で、未だ解明されていない事も多いのですが、糖鎖が正常に働いていないと妊娠の確率が低くなる事は紛れもない事実です。 

 

不妊の30~40%は糖鎖の異常が原因とも言われています。

 

精子と卵子が出合い受精する際に、精子が卵子の表面に突き出た糖鎖を認識し、結合しない限り、受精しない事がすでに証明されています。

 

また、着床時に子宮壁の粘着性が変わったり、子宮上皮の糖鎖組成の変化や大きさ、荷電の変化、内膣液に分泌される糖たんぱく質のパターンの変化など、糖鎖が多様な場面で影響している事が判っています。

 

女性だけの問題ではなく、不妊の4~5割は男性の問題という事は周知の事実ですが、糖鎖の不足により、精子が奇形になる確率が高まったり、卵子の糖鎖が精子を異物として認識して受精を拒否したり、卵子との情報伝達が上手くいかず受精出来ない、などという状況を引き起こす可能性もあります。

 

受精だけではありません。受精卵が細胞分裂し、お腹の中で胎児へと成長していく過程においても、糖鎖は深く関わっています。

 

 

さらに、糖鎖は、母乳の成分にも豊富に含まれ、赤ちゃんは、母乳から必要な免疫力や脳機能に必要な栄養素を育んでいますが、近年は糖鎖の不足が乳児の先天性異常や免疫不良、発達障害の一因に繋がっていると言われています。

 

 

糖鎖が行っている情報伝達は、通信回路の様な働きを担っていますが、現代人は様々なストレッサーの影響を受けていますから、卵子や精子の糖鎖に大きな負担をかけてしまっていると言えます。

 

 

さらに、不妊治療を実践されていく中では、ホルモン剤や内服薬を使用せざるを得ず、また長期にわたる不妊治療の中で心身にかかるストレスも決して少なくはありません。

 

 

糖鎖の研究と解明は、様々な研究機関で現在も続いていますが、すべての細胞間の情報伝達に関わる糖鎖は、妊娠から出産後の母子の健康を守っていく上で、決して欠かす事が出来ない重要な栄養素です。

 

とは言え、食生活の中で糖鎖を意識して十分な量を補給する事はかなり難しいと言われています。

 

サプリメントとして糖鎖栄養素を補給する事でも良い成果が上がっているため、よりよい妊活を実践していきたい方にはぜひ、お薦めしたいと思います。

 

糖鎖は、間質性肺炎や自己免疫疾患など、一般的には治療が困難と言われている様な疾患に於いてもかなりの治療効果を上げています。目には見えない所での小さな小さな、けれどもとても大きな働きの糖鎖です。

 

妊活中の皆さまが、ご自身の体調をしっかりと整え、風邪などひかれません様、どうぞ、日々ご自愛ください( ^ω^ )

 

 

原文
https://www.natural-c.com/blog/2018/03/post-127-563603.html
https://www.natural-c.com/

1 2 3 4 5 6 24