男性不妊

もしかして・・・精子も老化するのかな?

2015年8月16日 日曜日

<もしかして精子も老化するのかな?>

 

NHKがTV放送した

「卵子の老化」、が話題になってからというもの、、

卵子は老化するが精子はどうなのか?と多くの方が議論されています。

 

あのチャップリンは73歳で子宝に恵まれましたそうです。

そして徳川家康60歳で子宝に恵まれました。

 

実は、2010年にヨーロッパの生殖専門雑誌に

「パートナーに妊娠して頂くまでの期間」 が研究論文発表されていました。

 

<男性の年齢と、妊娠までかかる平均月日>

~29歳  6~7か月

30~34歳  10か月

35~39歳  10か月

40~44歳  10か月

45~49歳  19か月

50~     32か月

 

 この研究発表を見ると、

やはり精子も老化するようですね。

 

ただし、あくまでもデーターです。

食事や睡眠、ストレスとの上手な付き合い方、

ちょっとしたポイントで、大きく差がでてきます。

 

詳しくは店頭にてお話しいたしますね。

ショウキT-1PLUS

~不妊治療の助成金について~

2014年9月9日 火曜日

朝夕は肌寒い季節になりましたね~。

 

関東でのデング熱も流行りびっくりですね。

 

外出時の蚊の対策はしっかりしてください。

 

 

 

 

~~~不妊治療のは助成金について~~~

 

 

 

不妊症に対しての治療法は、大きく分けると3種類

 

 

人工授精・体外受精・顕微授精とあります。

 

 

どれも精子と卵子が出会う為に、卵子と精子の距離を縮めて上げる事ができます。

 

 

ただ、経済的に不安がありますよね(+_+)

 

 

そこで、絶対知っててほしい事。

 

 

不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精については、保険適用がされません(+_+)


 

そこで、これらの治療を受ける夫婦の経済的負担を軽減するため、

 

 

特定不妊治療に要する費用の一部を助成しています。

 

 

市町村単位でそれぞれ内容が異なるケースがございます。

 

(例えば、市によっては人工授精でも助成がある事もあります。)

 

 

平成25年度の特定不妊治療の申請受付は終了しています。

 

平成26年度の特定不妊治療の申請期限については、平成27年3月31日(火曜日)までです。

 

(※期限を過ぎての申請はできませんので、ご注意ください。)

 

 

そして更に平成28年度からは、細かく内容が変わります。

 

(※現在進行形で特定不妊治療を受けている方は、途中から内容が変わります。)

 

 

 

<現在の基本形>

 

・体外受精・顕微授精の特定不妊治療に対して

 

・ご夫婦で730万までの収入の家庭

 

・5年間まで年2回(初年度3回)

 

・年齢無制限(新制度では、奥様の年齢によって変わります)

 

 

くわしく調べる必要ありますよね~。(^^)

 

 

さらに、詳しく知りたい方は、ご来店お待ちしています~

 

ショウキT-1PLUS

顕微授精とはどんな治療ですか?

2014年8月20日 水曜日

お盆休みも終わり、そろそろ秋が近づいてきましたね。

 

これからが夏の疲れがでる時期です。そう夏バテですね。

 

十分にお気をつけて下さい。

 

 

 

~~~今回は顕微授精についてです~~~

 

不妊症に対してどんな治療法がありますか?

 

大きく分けると3種類。(人工授精・体外受精・顕微授精)

 

どれも精子と卵子が出会う為に、卵子と精子の距離を縮めて上げる事ができます。

 

 

では、今回は顕微授精(ICSI)について解説しますね。

 

 

前回の体外受精と違う点は受精方法です。

 

顕微授精(高度不妊治療)の対称になるのは、一般不妊治療では妊娠が難しいご夫婦です。

 

体外受精は一定量の精子が必要なのに対して、顕微授精は精子と卵子がそれぞれ1個あれば良いです。

 

顕微授精も一定の期間受精卵を培養し、分割卵または胚盤胞になったのを確認後、子宮内に移植します。これを胚移植といいます。

 

最近は草食系男子が増えていると言われていますが、不妊の原因は、男性・女性共に半分半分です。

 

 

顕微授精は金額面で、40万~50万前後とそれぞれ施設によりバラバラですが、体外受精よりも10万くらいは高いです。

 

 

妊娠率は20%~30%前後となります。

 

 

もっと詳しく知りたい方は、ご来店お待ちしています~。

 

ショウキT-1PLUS

体外受精ってどんな治療ですか?

2014年8月19日 火曜日

近年、異常気象が続きますね。

 

台風、ゲリラ豪雨、猛暑、地震等、自然の巨大な力を感じます(^_^.)

 

 

教えて先生(^o^)/

 

~~~今回は体外受精について~~~

 

不妊症に対してどんな治療法がありますか?

 

大きく分けると3種類。(人工授精・体外受精・顕微授精)

 

どれも精子と卵子が出会う為に、卵子と精子の距離を縮めて上げる事ができます。

 

では、今回は体外受精(IVF)について解説させていただきます。

 

体外受精(高度不妊治療)の対称になるのは、一般不妊治療では妊娠が難しいご夫婦です。

 

卵管障害、男性不妊、抗精子抗体、子宮内膜症、原因不明不妊等の色々な場合があります。

 

 

○体外受精の4つのステップ

 

1,採卵(女性)と排精(男性)

 

2,媒精(卵子の周囲に一定数の精子を置き、自然受精を期待します)

 

3,培養(受精卵の発育を促します)

 

4,胚移植(胚を子宮に戻すことをいいます)

 

体外受精・顕微授精ともに、一定の期間受精卵を培養し、分割卵または胚盤胞になったのを確認後、子宮内に移植します。これを胚移植といいます。

 

金額面では、40万~50万前後とクリニックによりバラバラです。

 

妊娠率は一般的に20%~30%前後となります。

 

少しでも確率を高めようと、揺動培養、二段階移植、シート法等の最新医療が多いのもドクターの先生の日々の努力と研究があるからです。

 

もっと詳しく知りたい方は、ご来店お待ちしています~。

 

ショウキT-1PLUS